« 2018スペイン旅行紀3日目その11〜あれはあれ、これはこれ、それはそれ〜 | トップページ | オビワンケノービでした »

2018年9月23日 (日)

ベイトフィネスベアリングオイル

各社からフィネスベアリング用に特化した低粘度のベアリングオイルでてますね?

ホンの少しの量で約2000円ぐらい

バイクなども同じですがチューニングをするとソレなりのメンテナンスとソレなりの潤滑油を使わないとハイパフォーマンスを実感しにくいものです

全てとは言え無いのにしろコレはリールも同じで
トータル的なチューニングをしなければハイパフォーマンスは実感しにくいです

ですが自分は思う事が有ります
バイクのエンジンや駆動系の様に長時間の高荷重超高回転と摩擦による極端な熱を発しないベイトリールのスプールベアリングに高価なベアリングオイルは必要無いように思えて来ました

以前はベアリングオイルはフィネスベアリング専用の超低粘度オイルを買って使ってたんですが何せ水気に弱い
メーカーの説明書には水気に強く長時間の油膜を維持できる云書いてあるのですが期待する程のものでは無いようです
ただしルアーウエイトや気温も関係して来るのでコレも必ずとは言えませんがね

因みにオイルやグリスですが粘度と油膜の性質は別物です

粘度はオイルの硬さ
水の様にしてる程回転運動や往復運動する物に対しての抵抗が少なく重油の様にしてる程抵抗は大きくなる

油膜性質はスチールステンレス金属類やアルミニウムマグネシウム等の金属質な非金属鉄と銅を混ぜ合わせた真鍮等の表面に付着して薄い油成分の膜を張り物同士の対摩擦性を上げたり水気を遮断する性質

こんな性質を踏まえてフィネスベアリング専用オイルでは無い物で代用出来る物を色探し実際に使って見ました
色試したかいありで見つけました
充分フィネスベアリングに使える粘度性と油膜成分が有って安くてタップリ量のオイルが

使用タックルは5ftライトパワーファーストアクションのベイトロッドにリールは2500CAMB2520R&AMB2518TRにヘッジホッグのセラベア2BB(肉抜き加工)軽量レベルワインダーウォームシャフト軸受けBB遠心ブレーキブロック1個使用
ラインサンヨーナイロンGTRトラウトエデッション4lbを30メートル巻き

のタックル使用で18gスプーンを軽く15メートル程は投げれるのでオイルに求める粘度の問題はクリアです

油膜の維持も上のようですセラベアは乾いて来ると独特の音が大きくなりますが釣行後も一定の音量を保っているので油膜も維持出来てると思います。

まぁもう少し使って見ないとハッキリとは言えませんがキャスト練習3回と実釣1回の現時点では問題無しです。

« 2018スペイン旅行紀3日目その11〜あれはあれ、これはこれ、それはそれ〜 | トップページ | オビワンケノービでした »